中京テレビ事業 CTE.jp

Twitter

Facebook


スケジュール

クラシックフェスティバル

チケット購入について

LOM会員

学生券

会場案内

エブリ・ブリリアント・シング
~ありとあらゆるステキなこと~

エブリ・ブリリアント・シング
~ありとあらゆるステキなこと~

海外で一大旋風を巻き起こした一人舞台 日本語上演決定!
_
[INTRODUCTION]
僕が7歳の時に、ママが入院した。
どうやら、生きることが切なくなってしまったみたいだ。
僕はママを勇気づけようと、ステキなことやステキなものを、ノートに書き出してみた。
1番 アイスクリーム
2番 水鉄砲合戦
3番 寝る前に見るテレビ
4番 …
そして1000番まで集まったら、
ママは、きっと元気になる!そう信じて。
ママは時折、僕のノートを見てくれていたみたい。だって間違った字を、ちゃんと直してくれたもの。
そんな子ども時代を過ごした少年が、大人になっても、ステキなことを書き続けている。それは…。
ちょっと切なくて、でも明日も生きていこうと勇気を与えてくれるひとときをお届けします。
_
海外で旋風を巻き起こした一人舞台、ついに日本に初登場!
『エブリ・ブリリアント・シング』は2013年にイギリスで幕をあけ、翌年には演劇祭の最高峰の一つであるエディンバラ国際演劇祭に参加し、3年連続して同演劇祭で上演されるという快挙を成し遂げた作品です。2014年以降、ニューヨークを始め、世界中で翻訳上演されている話題作の日本語初演となります。
_
特殊、かつユニークな上演形態に世界が注目!
『エブリ・ブリリアント・シング』が、世界中の人々を虜にしてきたのは、観客との距離が近いトークライブかのような、特殊でユニークな上演形態が挙げられます。 登場人物は一人のみ。開演前から、出演者が観客に話しかけたり、番号のついた小さなカードを渡したり。観客が全員着席すると、リストを手にしたキャストが自分の子ども時代の話を語り始めます。そのリストは、この世界にある「ありとあらゆるステキなこと」を書き連ねたリスト。 観客は、キャストから渡されたカードにある自分の番号が呼ばれたら、そこに書かれている言葉を読み上げたり、出演者によって促されて参加したりするうちに物語が進行していきます。観客とキャストのやりとりは、アドリブのようでいて実は戯曲の段階でかなり計算されつくしたやりとりになっており、やがて観客も主人公を演じるキャストと共に、人生で「ステキなもの、ステキなこと」を探る旅が始まる、という舞台となっています。
_
気鋭の劇作家・演出家の 谷 賢一 が翻訳と演出を担当!
『エブリ・ブリリアント・シング』の日本語初演に翻訳・演出として参加するのは、2019年夏に上演された『福島三部作』で注目される谷 賢一です。谷は、劇作・演出のみならず『最後の精神分析』の翻訳で小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞しており、翻訳でも一目置かれた存在です。 谷自身、ルーマニアのシビウ演劇祭で本作を観劇して以来、日本語上演を切に希望しており、今までにない上演形態に心惹かれ、早速、原作の英語台本の翻訳にとりかかりました。
_
出演は舞台や映像で幅広く活躍する 佐藤隆太 が挑戦!
出演者は一人だけ。さらに、周囲を取り囲む観客を「自分が語る物語」に引き込む、という難役に挑戦するのは、今年がデビュー20周年となる佐藤隆太です。役者として更なる高みを目指して、『エブリ・ブリリアント・シング』の出演を決意していただきました。

出演:佐藤隆太
_1980年生まれ。東京都出身。大学在学中だった99年に宮本亜門演出のミュージカル『BOYS TIME』(PARCO劇場)で舞台デビューして注目されると、テレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」、「木更津キャッツアイ」などの話題作、注目作に次々と出演し、初の連続ドラマ主演作となった「ROOKIES」の熱血教師役で一気にブレイク。若手トップ俳優の地位を確立する。 また、テレビ・映画などでの活躍と並行して舞台出演も続け、Team申 第1回公演『時には父のない子のように』(05)、初の主演舞台となった『ビロクシー・ブルース』(09)、『ダブリンの鐘つきカビ人間』(15)、『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜』(17)、『いまを生きる』(18)などに出演して、舞台俳優としての活躍も続けている。 2019年9月30日から放送のNHK連続テレビ小説「スカーレット」への出演が決まっている。
_
翻訳・演出
谷賢一
_
公式サイトはこちら → https://www.ebt-stage.com/

公演日

2020年2月18日(火)  開場/18:30 開演/19:00
_______  19日(水)  開場/18:30 開演/19:00

会場
千種文化小劇場
料金

全席指定¥7,800 (税込)

年齢制限
未就学児のご入場はご同伴の場合でもお断りいたします。 
一般発売
2019年11月16日(土)
チケット発売所
  • 中京テレビ事業チケットセンター
    052-320-9933(平日10:00~18:00)
    [一般発売日初日特電]0570-01-5106(11/16(土)10:00~23:59)
    http://www.e-get.tv/
  • 千種文化小劇場:052-745-6235(9:00~20:00、土日祝9:00~17:00/月曜休館)
  • 名古屋市文化振興事業団チケットガイド:052-249-9387(ナディアパーク8階/平日9:00~17:00)
  • チケットぴあ
    0570-02-9999(Pコード:498-347)
    https://t.pia.jp/
  • ローソンチケット
    0570-084-004(Lコード:43759)
    https://l-tike.com/
  • e+(イープラス)
    eplus.jp
  • 名鉄ホールチケットセンター
    052-561-7755
  • セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート 店頭
主催

中京テレビ

公演に関するお問合せ

中京テレビ事業
TEL:052-588-4477 (平日10:00~17:00/土・日・祝日 休業)
名古屋市千種文化小劇場
TEL:052-745-6235(9:00~20:00/月曜休館、但し月曜日が祝祭日の場合は、翌平日が休館日)

共催:名古屋市文化振興事業団[千種文化小劇場]