中京テレビ事業 CTE.jp

Twitter

Facebook


スケジュール

チケット購入ガイド

クラシックフェスティバル

LOM会員

学生券

会場案内

名古屋華舞台

名古屋華舞台

能と狂言を中心に、毎年プレミアムな伝統芸能をお届けしている名古屋華舞台。
今年も人間国宝の能楽師・梅若玄祥、名古屋を拠点に活躍する狂言師・野村又三郎ほか一流の役者を迎え、笑いと幽玄の世界をお楽しみいただきます。

演目解説
能や狂言に初めて触れる方にも楽しんでご鑑賞いただけるよう、川口晃平師による演目の解説をお聴きいただきます。

狂言「大般若

シテ/僧 野村又三郎
アド/神子 奥津健太郎  施主 松田髙義

<あらすじ>
信者の家で、神楽をあげにきた神子(みこ)と祈祷(きとう)をしにきた僧が鉢合わせをし、僧の経は神楽の調子に引き込まれてしまう。
神子の舞う三番叟を模した神楽に僧が引き込まれ舞を始めるところが
一曲の山場。笛と小鼓のアシライが入る賑々しい演目、出家狂言のひとつ。


能「巻絹出端之伝 彩色之伝 惣神楽

シテ/巫女 梅若 玄祥
ツレ/巻絹奉幣の使者 川口 晃平   ワキ/下人 高安 勝久   間/臣下の従者 野村 又三郎
笛/藤田 六郎兵衛  小鼓/後藤 嘉津幸  大鼓/河村 眞之介  太鼓/加藤 洋輝
後見/赤瀬 雅則 小田切 康陽
地謡/山崎 正道  角当 直隆  味方 團  井上 和幸  田茂井 廣道  内藤 幸雄 小田切 亮磨  山崎 友正
働キ/井上 貴美子  伶以野 陽子

<あらすじ>
熊野へ巻絹を奉納する男が、途中の音無天神に参詣して遅くなったため、監督の勅使(ワキ)に縛られてしまう。
天神ののりうつった巫女(シテ)が登場し、縄を解くように命ずる。
神託を疑う勅使に、巫女は、男が天神に捧げた和歌を語って、和歌の徳を説き、激しい神がかりの状態のなかで熊野権現の神威を示す。
祝詞をあげ、神楽を舞う、中世の時代相を舞台に映した能。

 

公演日

2017年3月5日(日) 開場/13:30 開演/14:00

会場
名古屋能楽堂 MAP
料金

S¥8,800 A¥5,500 学生¥2,500(税込)

学生券はHPよりエントリーのうえ抽選
年齢制限
※未就学児のご入場はご同伴の場合でもお断りいたします。
一般発売
2016年12月9日(金) 10:00~
チケット購入

本公演は終了しました

チケット発売所
  • 中京テレビ事業チケットセンター:052-320-9933 http://www.e-get.tv/
  • チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:455-587)
  • 名古屋能楽堂:052-231-0088
  • ローソンチケット:0570-084-004(Lコード:41346)
  • 愛知芸術文化センターPG:052-972-0430
  • 栄プレチケ92:052-953-0777
  • e+(イープラス):eplus.jp
  • 名鉄ホールチケットセンター:052-561-7755
  • 名古屋市文化振興事業団チケットガイド:052-249-9387
  • セブン-イレブン、サークルK、サンクス、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート 店頭
主催
 中京テレビ
公演に関するお問合せ

中京テレビ事業
TEL 052-588-4477 10:00~17:00(土日祝日休業)

スマートフォン表示 | PC表示