クラシックフェスティバルとは?

この地域の皆さまに、世界レベルの上質なクラシックをお届けしたいという思いを込めて、中京テレビが毎年開催する「名古屋クラシックフェスティバル」。
今年も世界中から超一流のアーティスト、オーケストラ、オペラを厳選しました。
最高の演奏、歌唱、パフォーマンスを心ゆくまでお楽しみください。

《名古屋クラシックフェスティバル開催会場について》

2017年の8月から2018年の11月まで、愛知県芸術劇場コンサートホールが改修工事のため、第35回名古屋クラシックフェスティバルは、オペラ公演を除く6公演について日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧名古屋市民会館大ホール)にて開催します。
日本特殊陶業市民会館フォレストホールは、“音響家が選ぶ優良ホール100選”にも選ばれている、この地域を代表するホールであり、名古屋クラシックフェスティバル初回から第10回まで、数々の名演の舞台となった会場です。
地下鉄、JR、名鉄が乗り入れる金山総合駅から程近く、地下鉄金山駅・古沢公園駐車場と地下通路で直結という利便性の高いホールで、今年のクラシックフェスティバルをお楽しみください。


全公演を通じて同じ席で観たい!という方は…料金もお得な【MY SEAT(全公演通し券)】